36才の男がおすすめする「ホロライブ楽曲」3選!

2021-07-1136才の男シリーズ

ホロライブといえば歌!

しっとりした曲から元気な曲まで、皆さんにも好きな曲やお気に入りの曲があると思います。

今回は36才の男がおすすめする3曲を紹介。

失礼しますが、RIP♡

36才の男がおすすめする「ホロライブ楽曲」3選!

ホロライブENのMori Calliope(森美声/もりかりおぺ)。彼女のオリジナルソング「失礼しますが、RIP♡」

R.I.P.は、ラテン語でrequiescat in pace、安らかに眠れ。今回の曲では、「死んでください」の言葉があてられている。

グリム・リーパー(死神)の第一弟子であるMori Calliope。歌詞は「〇すのがタノシイ」など物騒だ。

曲調は激しくなったりゆるくなったりと、振り回されてしまう。「英語圏の人が日本語を入れたラップをしている」という違和感。どれもが面白く気持ち良い。

「C A double L I O P E」と、自分の名前の「LL」を「double L」と表現するのはシビれてしまった。

佐賀事変

36才の男がおすすめする「ホロライブ楽曲」3選!

星街すいせい with ホロライブファンタジーの「佐賀事変」。

佐賀事変はアニメゾンビランドサガのベストアルバムに収録された新曲。完全新作のミュージックビデオが投稿され話題を呼んだ。

まず映像美に驚く。全編を通してインモーション技術で作られたアニメーション。キャラクターそのものは動かないが、髪や服などが細かく動き退屈しない。

ネオン輝く街中で、どこかレトロな雰囲気を出している作品。そのアンバランスな世界観に引き込まれてしまう。

星街すいせいは普段の配信では高くキャピキャピした声に聞こえるが、歌う時は重みがある芯の通った声になる。佐賀事変の束縛するような、センシティブな歌詞との相性が良い。

掛け合い部分では、星街すいせい1人 対 ホロライブファンタジー5人でバランスが取れている。むしろ星街すいせいの方が強く、実力が光るシーンだ。

乙女解剖

36才の男がおすすめする「ホロライブ楽曲」3選!

乙女解剖はDECO*27が作詞作曲を手掛けたボーカロイド楽曲。

おすすめなのは、猫又おかゆの乙女解剖。

歌い出しのブレスに魅了される。全体的に音質が良く、より近く、よりクリアに聞こえる。

語りかけるような歌詞、ゆったりとしたテンポの曲は、マイペースな猫又おかゆに合っている。

乙女解剖では「めんどくさい女」を演じているが、これがなぜか妙にしっくりきてしまう。普段の猫又おかゆはあっさりしていて、めんどくささを感じない。

普段とは違う「めんどくさい女」が似合ってるとなると、もしかしたら、猫又おかゆにはそういった一面があるのかもしれない…そんなことを思ってしまう作品だ。

途中には戌神ころね、湊あくあ、紫咲シオンらしきキャラが出てくる。たらしと言われる猫又おかゆならではファンサービスだ。

-ERROR

36才の男がおすすめする「ホロライブ楽曲」3選!

3選といったな、あれは嘘だ(ウワァァァ) byメイトリックス(コマンドー)

-ERRORはnikiが作詞作曲を手掛けたボーカロイド楽曲。

言い訳をすると、常闇トワが3Dお披露目で歌った-ERRORが良かった。

エンディングで歌ったこの曲は、感情がこもっていて力強い。途中感極まって泣きながら歌う場面も。


壊れているの? 壊れているよ それでも 息を …したい したい

-ERROR

歌詞が常闇トワに合わせてきている。まさに心を揺さぶる曲だ。

 

いかがだったでしょうか。眠れない時のお供に、ホロライブの楽曲を。

2021-07-1136才の男シリーズ

Posted by 36才の男