36才の男はホロライブに入るために妄想面接をしている

2021-06-0136才の男シリーズ3期生

※注意※

今回はホロライブの記事ではなく、グダグダと36才の男の話をしている。

妄想ハーレム!

白銀ノエルと不知火フレアの間に挟まり、知的好奇心で潤羽るしあの胸を揉み、宝鐘マリンとえっちなことをして、裏では兎田ぺこらと付き合う。

文章にすると「きっしょ」となるが、こういった妄想をするのは私だけではないはずだ…

この妄想の問題点は、マネージャーや企画といった運営側になろう、とか、ホロライブを盛り上げるためにどんな形でもいいから関わりたい、というのではなく、

「女の子になってキャッキャッしたい」

と思っていること。

あまり「無理」だとか「できない」という言葉を使いたくないが、36才の男が「男」である以上、ホロライブメンバーになるのは無理な話だ。

妄想面接!

でも諦めきれない!と妄想で面接を受けることに。

2021/03に配信された大空スバル探偵事務所によると、ホロライブの倍率は1200倍。


1. ホロライブ・ホロスターズ/ひいてはカバーという会社の夢に対しての熱意と素直さがある事
2. 自分のなりたいタレント像が明確にある事、自分にしかない個性を理解し面接官に売り込める人
3. 企業所属のタレントである意識を持っていること

★受かる人の特徴★

0期生の星街すいせいは、面接で落ちてしまったが、もう1度チャンスをください、と交渉した結果イノナカミュージックへ入ることができた。

5期生の桃鈴ねねは、書類選考(動画提出)で4回落ち、10回まではチャレンジしよう、と挑戦し続けてチャンスを掴んだ。

ガッツ・熱意を見習いたい。

自分に言い聞かせるためにも文字に起こすが、「面接に落ちた=自分はダメ」と思ってはいけない

面接は水物、タイミングも大事だからだ

落ち込むのは当たり前だが、引きずる必要はない。36才の男の経験則である。

さて、妄想面接の話になるが、面接官に聞かれた「なぜホロライブに入りたいと思ったのですか?」にどう答えればいいのかわからない。

ホロライブに入りたいのは間違いないが、その理由を言語化するのは難しい。

何事も興味を持つきっかけは「面白そうだから」や「楽しそうだから」と感情が動いたとき。

しかし、実際に面白いかどうかはやってみないとわからない。

「配信をみて、皆良い人そうだから」は本心だが、本当に良い人かは会ってみないとわからない。

「面白そうだから」「良い人そうだから」は理由としては弱く、面接官が聞きたいことではない。

うまく答えられずに毎回面接に落ちている。

繰り返しになるが、すべて妄想だ。

書いてて思ったが、36才の男、ヤバくね?

現実配信!

ホロライブに憧れて、36才の男はゲーム配信と動画投稿をしたことがある。

最初に動画投稿をしたのだが、画面に向かって一人でしゃべるのが思った以上に恥ずかしかった

慣れていないとものすごく抵抗のある作業だ。

無料ソフトと安物のマイク(980円)、2分の動画だったが、映像はガビガビ、音質は悪く、面白いことは言っていない。

結果は9再生、平均視聴時間5秒の低評価1。

こんな(クソ)動画にわざわざ低評価してくれてありがとう。と本気で思った。低評価を押すのもエネルギーが必要だからだ。

次に「原神」のゲーム実況をやってみた。原神はmiHoYoが作ったオープンワールドゲームで、当時は配信されたばかり。

「ゲーム実況していいですか?」とメールで質問したところ、「いいですよ。一緒に原神を盛り上げましょう」と返事がきて、案外簡単に許可が取れるんだな、と思った。

実際にやってみると、これがまた難しい。

敵が出てきても、「敵だ」としか言えない。

すぐにアンバーというキャラが出てきて、理想は「うぉぉぉぉぉ可愛い!」だが、現実は黙っていた。

言い訳をすると緊張していたし、ゲームに対してリアクションを取るのは練習が必要なのだ。

みに来てくれたのは2人(うち1人は自分?)。恥ずかしくなって10分ほどで止めてしまった。

この時強く思ったのが、「これを毎日やるのは大変だ」ということ。

好きなゲームでもきついのに…そんなことを思った。

 

36才の男はホロライブメンバーになれない理由を長々と語った。

それでも、まだ、諦めきれない。

「朝起きたらホロライブメンバーになってるんだ。目が覚めたら僕はホロライブファンタジーなんだ」

強く願いながら布団に入ろう。

今回の記事は中々に気持ち悪い文章になってしまった。振り返ってそんなことを感じている。

2021-06-0136才の男シリーズ3期生

Posted by 36才の男